小人さんのメモ

オンラインノートとして利用しています。

Magic: The Gathering Arena

e-sports

 

目標:ミシックチャンピオンシップ

 

スタンダード:イクサラン、イクサランの相克、ドミナリア、基本セット2019、ラヴニカのギルド、ラヴニカの献身、//灯争大戦(NEW)

 

アジャニ白ウィニー、アグロ、ビートダウン、ライフゲイン ※バーン対策検討中  

類似構築済みデッキ:戦略的突撃/Tactical Assault (白) 永遠の口渇/Eternal Thirst (白・黒)

入賞デッキ:グランプリミルウォーキー18 ベスト8 Jacob Tilk氏、プロツアー「ラヴニカのギルド」準優勝 Luis Scoot-Vargas氏

 

アジャニ白ウィニー 

問題点

神話レア不足、プレインズウォーカーの活用がまだ不十分。アジャニによる強化のみ。

ベナリア史、輝かしい天使、黎明をもたらす者ライラ

 

変更後

火力強化

アダントの先兵、輝かしい天使、ベナリア史、黒き剣のギデオン、永遠神オケチラ、軍団の上陸、征服者の誇り、

 

プラチナまで到達。

 

課題

選択

聖なる訪問も加えたトークン重視、オチケラ主体のクリーチャー重視。

 

 追われる証人と癒し手の鷹

ライフゲインのチームレオニン(レオニンの先兵、アジャニの群れ仲間、レオニンの戦導者)

 

ウエイトアップ(テンポ遅くていいならかなり強いクリーチャーに置き換えられる)

輝かしい天使、黒き剣のギデオン、黎明をもたらす者ライラ 

 

 

ゴールドからデッキ変更。

ハイドロイド混成体主軸のスゥルタイミッドレンジ。探査有効活用。

 

問題点

ショックランド不足のため、タップランドで代用。このためテンポが遅くなることが予想される。

ノワールエルフ・培養ドルイド・マーフォークの枝渡り・翡翠光のレインジャーと野茂み歩きのマナ加速チーム。

培養ドルイドは順応でマナ加速だけでなく、壁にもなる。培養ドルイドを入れるなら、石のような強さも役立つ。

若葉のドライアド・殺戮の暴君・ 原初の飢え、ガルタなどの重いクリーチャーも回る。

 

課題

分散でハイドロイド混成体のリサイクルに憧れるが、まだ実践結果なし。

デッキを回すと、黒の除去に弱い傾向があるため、マッチ戦はサイドボードに殺戮の暴君を加えて、大型クリーチャーを入れ替えたいところだ。

デッキを回すと、ハイドロイド混成体依存のドローのため、序盤のドローが弱い。

 

格納先作成

Magic: The Gathering Arena - Google ドライブ

デッキレシピキープ:初期デッキ、試行錯誤の履歴作成、テンプレデッキ、コモン制限、1枚制限

標準テンプレート作成未:土地推奨枚数、マナカーブ、推奨カードチェック